Watering Jug

水差し

 

根岸さんは20年以上の間、自身の父親がそうしてきたように、自分の手でジョウロを作ってきた。長い注ぎ口のついた根岸さんのジョウロは、盆栽に水をあげるためのものとしてデザインされ手作りされた洗練したアイテム。非常に完成されたもののため、ロンドンをベースに活動するデザイナー、ジャスパー・モリソンは初め、新しいデザインをすることをためらいました。しかし、職人と話していくうちに、普通の家で、普通の植物に水をあげるためのジョウロを一緒に作るのはどうかというゴールを見出しました。ジャスパー・モリソンがデザインしたジョウロは、銅、真鍮、ステンレスなどのシートをカットしたり曲げたり半田付けする伝統的な技法をそのまま用いて作られていますが、室内やバルコニーで使われることを意図したデザインです。一目見ると、本能的に使いたくなるような、タイムレスで、クラシックなオイル缶を思わせるデザインになりました。

 

Negishi-san has been making watering cans  with his own hands for more than 20 years, as has his father before him. His watering cans with the long spout are refined tools, designed and crafted to water bonsai. These objets were so perfect that Jasper Morrison, the renowned London based designer, first hesitated to intervene with a new design. But discussing with the craftsmen, we identified the goal of the collaboration in creating a different type of watering can that allows to be be used at home by regular people for regular plants. Jasper Morrison’s watering jug is made with the same traditional technique of cutting, bending and soldering sheets of brass, copper or steel, but design to be used indoors and on balconies. It is a timeless tool, reminding of classic oil cans, that instinctively makes one want to use it when looking at it.