Utility Brushes

ユーティリティブラシ

 

 

スイス出身のデザイナー、カルロ・クロパスは2つのブラシのシリーズをデザインしました。ひとつは、宇野刷毛ブラシ製作所で古くから作られているブラシシリーズをリデザインして、四角くポータブルでマルチに使えるブラシ。手で掴むために、特徴的な溝がひかれていて、生っぽく、ミニマルなツールの、使い道をはっきりと見せています。子供用ヘアブラシとミラーは、丸く柔らかな形をしていて、体だけでなく木という自然ともつながっていて、「手にしてみてね」と頼まれているかのように見えます。ブラシの柄の部分は、日本産のメープルでできていて、木製家具メーカーのカリモクがこの製作所のためにつくったもの。製作所では、何百年と続けられきたように次から次へ手によって天然の動物の毛がメタルのワイヤーで結びつけられブラシが完成します。

 

Swiss designer Carlo Clopath designed two series of brushes for this project: The square, portable multi purpose brush is a redesign of a classic brush series by Uno Brush. The characteristic milled gripping groove gives the raw, minimal tools a direction and articulate their usage. The hand mirror and hair brush for children have a rounded, soft shape that relate to the body as well as to the nature of the wood and almost seem asking to be taken in one’s hand. The wooden part of the brushes are milled from Japanese maple wood at wood furniture manufacturer Karimoku for Uno Brush in Sumida. There, the brushes are completed by pulling in and tying the natural animal hair with metal wire by hand, bristle by bristle, as has been done for hundreds of years.