Room Shoes, Slippers

ルームシューズ、スリッパ

 

レザー加工は墨田区の重要な産業です。1946年から高品質のレザー小物やバッグを作ってきた二宮五郎商店は、新たな挑戦がしたくてこのプロジェクトに参加しました。デザイナーと共に、本当に必要なもとして日々欠かすことのできないものを開発しようとしていたとき、日本ではスリッパがどこでもいつでも使われているけれど、おおよその場合が安価なものでクオリティの低い製品であることが多いことに気づきました。良い作りで、長持ちし、時間が経つにつれて良い風合いになっていく室内用のレザーの履物は、必要とされているのではないかと思ったののです。長野県を拠点とするデザイナー熊野亘の、簡潔でよく考えられたデザインは、フルベジタブルタンドレザーの美しさを語り、日々スリッパやルームシューズを使うことを楽しみにさせてくれます。

 

Leather processing has been an important industry in Sumida. Producing high quality leather accessories and bags since 1946, Ninomiya Goro Shouten was looking for a new challenge when joining this project. Together with the designer we were looking to develop an essential product that would satisfy an actual need, when we noticed that slippers in Japan are used everywhere, everyday, but in almost all cases they are cheap, low quality products. We found that there was a need for well made, long lasting and well-ageing leather footwear for inside the house. The concise and well considered design of the Nagano based designer Wataru Kumano lets the beauty of the naturally tanned high-quality leather speak for itself and makes it a pleasure to use the slippers and room shoes day by day.