Containers and Scoop

キャニスター、スプーン

 

 

このコンテナーとスプーンは、2019年に発表となる小さくてハイエンドなコーヒーブランドからの最初のアイテムとなる。ブランドの中心は、日本では初めて作られることになるであろうコンロで使うエスプレッソマシンと、家で本格的にイタリアンカプチーノを楽しむためのミルクフォーマーです。金属プレス工場である昌栄工業は、新しいチャレンジを探し、また、イノベイティブで、意味があり、よく考えられ、良いものづくりをする新たなフィールドへ会社を広げていきたいと考えていました。この理想が、NYを拠点に活動するデザイナー、レオン・ランスマイヤーに告げられプロジェクトは始まりました。

 

The containers and scoop are the first items of a new small high-end coffee brand to be introduced in 2019. The heart of the brand will be a stove-top moka pot, the first of its kind made in Japan - and a milk foamer to make real italian cappuccino at home. The Shoei Kogyou, a local metal processing firm, has been looking for a new challenge and for opening up new grounds with an innovative, meaningful, well thought and perfectly made product. This was an ideal starting position for New York based designer Leon Ransmeier. He developed a simple and functional set of items with a calm, minimal yet powerful formal language that lives off the quality of the material and the perfection of its workmanship.