Sumida Contemporaryは、墨田区内のメーカーと日本や世界中のデザイナーとのコラボレーションによって、現代の生活に添ったプロダクトを開発するレーベル。伝統と卓越した職人技と、創造的かつ革新的なデザイナーのアイデアを結集し、新しい時代の東京、日本の更なるものづくりの発展に貢献するプラットフォームでもあります。

東京・墨田区は、300年前から現在まで工場や手工業がとても多いものづくりの町です。江戸時代に武士と多くの職人が移住、明治時代には隅田川をはじめ周辺の多くの水路が効率の良い搬送路として活躍し、墨田区は大きく発展しました。20世紀後半の都市化、諸外国との価格競争などにより、閉鎖となったり他の町へ移転する工場もありましたが、墨田区には大小様々で幅広い産業がまだ存在していて、石鹸、漆器、ガラス、革製品、ブラシなどあらゆるものを東京の真ん中の墨田区で製造しています。

 

墨田区は墨田のものづくりのサポートとプロモーションを目的に、東京を拠点に「KARIMOKU NEW STANDARD」や有田焼「2016/」を手掛けているデザインディレクター、ダヴィッド・グレットリを招き、このプロジェクトを進めています。

 

Sumida Contemporary is a new platform and a curated label for contemporary products, developed by selected local manufacturers in collaboration with Japanese and international designers. The project brings together the tradition and skills of the craftsmen with the innovation and creativity of the designers to develop a new generation of daily items, made in Tokyo - for Japan and the world.

Sumida, one of the 23 wards of Tokyo metropolis, has been a manufacturing city for more than 300 years. In Sumida small and large factories and craft businesses, are still producing everything from soap to lacquerware, from glass to leather goods, from watering cans to brushes, in the midst of the metropolis. The Sumida city administration invited Tokyo based design director David Glaettli (Karimoku New Standard, 2016/ Arita ) to develop this project with the aim to support and promote Sumida and its historically grown industry.

Glaettli Design Direction Ltd.
Kakinokizaka 1-16-20 2F, Meguro-ku, Tokyo

contact@designdirection.jp
davidglaettli.jp

 

Press:

デイリープレス 川村美帆

東京都目黒区青葉台 3-5-33

mihokawamura@dailypress.org

 

墨田区産業振興課 / Sumida City Economic Development Section,

TEL: 03 5608 6188

brand@city.sumida.lg.jp

Creative Direction:

Glaettli Design Direction Ltd. - David Glaettli /

 

Graphic + Web Design:

Sebastian Fehr /

 

Produce: / Sumida city

 

Special thanks to:

Fondation Sakae Stünzi,

Embassy of Switzerland in Japan

 

 

 

 

 

 

 

Sumida Contemporaryは、墨田区内のメーカーと日本や世界中のデザイナーとのコラボレーションによって、現代の生活に添ったプロダクトを開発するレーベル。伝統と卓越した職人技と、創造的かつ革新的なデザイナーのアイデアを結集し、新しい時代の東京、日本の更なるものづくりの発展に貢献するプラットフォームでもあります。

東京・墨田区は、300年前から現在まで工場や手工業がとても多いものづくりの町です。江戸時代に武士と多くの職人が移住、明治時代には隅田川をはじめ周辺の多くの水路が効率の良い搬送路として活躍し、墨田区は大きく発展しました。20世紀後半の都市化、諸外国との価格競争などにより、閉鎖となったり他の町へ移転する工場もありましたが、墨田区には大小様々で幅広い産業がまだ存在していて、石鹸、漆器、ガラス、革製品、ブラシなどあらゆるものを東京の真ん中の墨田区で製造しています。

 

墨田区は墨田のものづくりのサポートとプロモーションを目的に、東京を拠点に「KARIMOKU NEW STANDARD」や有田焼「2016/」を手掛けているデザインディレクター、ダヴィッド・グレットリを招き、このプロジェクトを進めています。

 

Sumida Contemporary is a new platform and a curated label for contemporary products, developed by selected local manufacturers in collaboration with Japanese and international designers. The project brings together the tradition and skills of the craftsmen with the innovation and creativity of the designers to develop a new generation of daily items, made in Tokyo - for Japan and the world.

Sumida, one of the 23 wards of Tokyo metropolis, has been a manufacturing city for more than 300 years. In Sumida small and large factories and craft businesses, are still producing everything from soap to lacquerware, from glass to leather goods, from watering cans to brushes, in the midst of the metropolis. The Sumida city administration invited Tokyo based design director David Glaettli (Karimoku New Standard, 2016/ Arita ) to develop this project with the aim to support and promote Sumida and its historically grown industry.

Produce: / Sumida city