Drinking Glasses

グラス

 

 

このグラスは、1966年に柳宗理によってデザインされたもので、メディアなどで紹介されていたものの、なぜか決して商品化されることのなかったグラスです。Sumida Contemporaryとのコラボレーションの可能性を探り、まだ活動が始まって間もない頃、東京の柳デザイン研究所で行なったミーティングで、ドローイングとまだ残っていた表面のサンプルを見せてもらい、これを作ろうとほぼ即決した。グラスのサイドにあるドロップのラインがあるデザインは、プレーンで率直だが、色っぽく驚きに満ちています。このグラスを形作るために、4つパートに複雑に分かれたスチールの型が必要ということは、このシンプルな見た目からは分かりづらいです。型は山形県に唯一残る工房で作られていました。50年以上経ち、このグラスはようやく1899年に東京墨田区で開業した廣田硝子によって製造されます。

 

These tumblers have been designed by legendary Yanagi Sori in 1966. While they have been featured in publications before, they mysteriously never had been produced. At an early meeting about the collaboration with Sumida Contemporary at the still active Yanagi Designstudio in Tokyo, the drawings and a remaining sample surfaced and we almost instantly decided to produce it. The design,design, with its lines of “drops” on the sides of the glass is plain and straightforward, yet sensual and surprising. Despite its simplicity, the glass is difficult to realise, since it requires a complex four-part steel mould to shape it. The mould was built at one of the last remaining workshops in Japan in Yamagata prefecture.
Now after more than 50 years, the glasses are finally in production by Hirota Glass, established 1899 in Sumida, Tokyo.